×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

金光大神覚民衆宗教の聖典・金光教

幕末期の一農民として苦しい生活をつづけ、やがて神のお知らせを感得してその布教に従事した教祖の生涯が、農民の日常生活の哀歓をこめて生き生きと語られる。
原文に注・現代語訳・解説を付す。
唐代にいたるまでの画論・画史を集大成した画期的な書物とされる中国絵画論の古典。
訳者の正確な読み下し、平易な口語訳、周到精緻な論説は、読者の中国絵画理解をふかめてくれる。
第1巻は、総論というべき巻一から巻三、歴代画家評伝のうち巻四、巻五の晋まで。
著者は肥前平戸の藩主で、趣味人としても知られる。
上は将軍大名の逸話から、下は狐狸妖怪の奇聞まで、ありとあらゆる話柄を記した江戸時代随筆集の白眉。
表題は、文政4年(1821)、静山62歳の11月甲子の夜に起筆されたことにちなむ。
第1巻は、巻一から巻十九まで。
幕末の対馬藩士が、上は殿様から下は小商人までの逸話を初め、怪談・奇聞、藩内各郷の地誌、江戸・京坂から朝鮮の話題まで、生涯に聞き集めた2000条を全13巻に書きとどめた貴重な随筆集。
第1巻は、巻一から巻七まで。
幕末の対馬藩士が、上は殿様から下は小商人までの逸話を初め、怪談・奇聞、藩内各郷の地誌、江戸・京坂から朝鮮の話題まで、生涯に聞き集めた2000条を全13巻に書きとどめた貴重な随筆集。
第2巻は、巻八から巻十二、付録の鶏肋編まで。
解題を付す。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60002804