×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

編集王(13)

ハ−ドメ−カ−に営業に出向く法善寺とカンパチ。
意気揚々と各社を回る法善寺だが、メ−カ−の担当者は法善寺がテスニ−を辞めたという話を聞くと、途端に態度を翻し、思うように契約が取れない…。
「少年シャウト」で、仙台の連載が決定した。
若かりし日の疎井と仙台は、二人三脚で漫画を仕上げ、早速編集部へ持って行った。
だが、仙台の漫画は要らなくなったと副編集長に言われてしまう…。
講学館の新社長・陳子昂(ちんすこう)による「ヤングシャウト」連載漫画家引き抜きの動きが活発化してきた。
そして、その手は青梅と懇意にしている漫画家・骨川サヨリにまで伸びていた…。
「ヤングシャウト」編集部の三京が、「ヤングナッツ」編集部にやって来た。
ライバル誌の新連載の発売日に合わせて、同じ日に同じジャンルの新連載を始めようと連載予定を聞いてきたのだった…。
語学講師のエリスは過去のつらい経験から独身主義を貫いている。
妹たちが次々に結婚していき、長女である彼女は家族から毎日のように責められるのが悩みだった。
とうとう末妹の結婚が決まり、エリスは途方に暮れた。
妹の式に一人で出席すれば、何を言われるかわからない。
そこで婚約者を演じてくれる人を雇うことにした。
大学の演劇科に赴き、ひときわ魅力的な男性を見つける。
エリスが思いきって仕事を依頼すると、彼は役作りのためしばらく二人で過ごすべきだと主張した。
心を奪われる危険に怯えつつも、彼女は承諾してしまう。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60016142